メッセージ

はじめまして。

心理カウンセラーのモリアサコです。

NLP(神経言語プログラミング)を中心に、スカイプや電話による心理カウンセリングを行っています。

私自身、出口の見えない暗いトンネルの中にいるような時期が長くありました。

一人でいくら本を読んでも、ネットを検索しても、どんなに知識が蓄積されても苦しいまま。孤独感がつのっていくばかりでした。

今なら、なぜ知識を頭に叩き込んでも楽にならなかったのか分かります。

心や潜在的な部分へのアプローチが出来ていなかったのだと。

何より実感したのは、

人には人が必要だということです。

癒しと回復は、人と人との心の交流を通じてもたらされます。

共感的な理解を得て、自分が語ることが受け入れられている、という実感を持つことが、生まれ変わるかのような体験を引っ張り出してくれるのです。

私がご提供するカウンセリングは、まずは「受け入れられている」という安心感を持っていただくことを最も重視しています。

そのために、感覚を研ぎ澄まし、ご相談者様が感じていることをあたかも自分が体験しているかのように、寄り添い、丁寧にお話を伺います。

そして、信頼関係を少しずつ構築させて頂き、その先にNLP(神経言語プログラミング)を取り入れたワークの実践などに進んでいきます。

 

心理カウンセリングを受けることに対して、ネガティブなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

「病んでると思われたくない」「話しただけで何が変わるの?」「きっと分かってもらえない」etc

心理カウンセリングは精神を病んだ人だけが受ける特殊なものでは、決してありません。

心理カウンセリングはカウンセラーとの信頼に基づく人間関係です。通常の人間関係では裏切られたり、傷ついたりもします。

しかし、心理カウンセラーは話を聴く専門家として、共感的に理解することに全力を注ぎます。その上で、前へ進むためのサポートを行っていきます。

長い人生の中で、心に傷を負ってしまうことや、大きな悲しみにぶち当たってしまうことは、誰にでも起こり得るのではないでしょうか?

元気がでない、気持ちがふさいでしまう。

それは恥ずべきことではないと私は思います。

お一人で抱え込んでいるその辛さ、苦しさを少しずつ手放せたら…
これまでとまるで違った世界が見えてくるのではないでしょうか。

私たちには、自らを変化させる素晴らしいリソースがすでに備わっています。

今はそれが見えなくても、大丈夫ですよ。

ご一緒にそれを再確認していきましょう。
あなたは一人ではありません。

モリアサコの自己紹介はこちら→